MENU

至急にお金を借りるならやはり消費者金融で

カードローンやキャッシングを利用している時に、もう少し借りたいと考えた場合、他のカードローンやキャッシングに申し込みをすることがよくありますね。何度か借り入れをしているうちに、複数の借り入れ先があることになってしまったという方は少なくありません。

 

複数借り入れをしてしまうと、返済額も気になりますし返済日が1ヵ月の間に何度もやってくることが負担になります。「また返済日がやってくる。」と考えながら生活する気持ちの負担は、長期に渡るととても大きなものとなってくるのです。もちろん「いつになったら全部返済してしまえるのだろう?」と先の見えない状態も、日常生活にまで大きな影響が出てくるのです。

 

毎日、毎月の負担を少しでも軽くして、より早く完済したい時には、おまとめローンを利用してみましょう。おまとめローンとは、複数のローンを一つのローンでまとめて返済してしまうという方法です。

 

その時点では借入総額は変わりませんが、金利の低いものを選ぶことで最終的に返済額は減らすことができるわけです。また、一つの借り入れ先になることで、返済日は月に1度になるため、気持ちとしてもラクになる部分も大きいですね。

 

通常カードローンなどの返済方式は、借入残高に応じたリボルビング方式が採用されています。これは1回に返済する金額は決まっていて、その中で元金と利息に割り振っているものです。

 

この方式では少額返済で出費の計画はとても立てやすいのですが、最初は元金がなかなか減っていかないため完済が見えない部分があります。おまとめローンの中には、このリボルビング方式の返済方法ではなく、残高均等方式を採用しているところがあります。この方法では残高が段階的に減っていくことが実感できますので、完済までの目途がつきやすいのです。返済には絶対に完済しようと考える強い意志が必要になりますが、その気持ちを保つためには残高の減少など目に見える結果も必要です。

 

返済期間が何年にもなっている方は、漫然と返済額だけを支払っている状態になっていることもあります。しかし、いつまで返済しても借入残高が減っていかないことで先が見えず、返済の意志をキープしにくいというところがあるのは否めません。

 

現在カードローンやキャッシングなどでの借り入れ先が複数になっている方は、ローンをまとめることを検討してみましょう。金銭的な負担も、精神的な負担もどちらもかなり軽くすることができるはずです。

 

お金は借りたからには返さなくてはいけないものです。返さないことで自分の生活に大きな影響が出てしまうというだけではなく、社会人としての役割のためにも完済をめざすことはとても大切なのです。おまとめローンは、完済へのサポートをする役割を果たしてくれるでしょう。銀行だけでなく、消費者金融などでもおまとめローンを取り扱っています。それぞれのおまとめローン商品には特徴がありますが、自分にとってどの方法でまとめるのが適切なのかをじっくりと検討して申し込みをしましょう。

 

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円